医療法人社団ゆずりはの木 脳神経外科・内科 眞壁クリニック

病気のお話

血糖値が高いと何がわるい?

糖尿病のお話 2014-06-10

血糖値が高いだけでは実は自覚症状はほとんど無いことが多いようです。そのため糖尿病と言われてもぴんとこず、放置してしまいがちです。

しかし、症状がない間に高血糖は全身のさなざまな臓器に障害をもたらします。特に神経と血管を中心とした臓器で障害が起こりやすく、神経、目、腎臓の機能低下起こりやすく、これを三大合併症と呼んでいます。


神経障害:手足のしびれや痛み、感覚の鈍麻、下痢や便秘を繰り返す、立ちくらみ、味覚が鈍くなる、発汗異常、排尿障害、勃起障害など、さまざまな形で全身にあらわれます。放置すると激痛になったり、足の壊疽の原因となります。

網膜症:網膜は目の中でカメラのフイルムのように物を映し出す役割を果たしています。高血糖により網膜の血管が詰まったり出血したりという障害を起こし、視力低下を起こします。突然失明する場合もあります。

腎症:腎臓は体内の老化物をろ過し尿として排泄する重要な機能をもっていますが、腎症が進むにつれ、尿をつくる機能が低下し、最後には人工腎臓によって、腎臓の機能を代行する透析療法をしなければならなくなります。


そのほか、脳卒中や心筋梗塞の原因となる動脈硬化も放置している糖尿病の比較的早期から進んでいるといわれています。

糖尿病が怖いのは、これらの合併症です。
合併症が出てからその治療をするよりも、なるべく出ないように、または出てもそれを進めないようにすることが大切なのです。糖尿病をしっかりコントロールしておけば、合併症を防ぐことができます。


糖尿病を管理することで、糖尿病であっても、健康な人と同じ寿命を全うし、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)を維持することが治療の目標です。

診療時間

[診療科目]頭痛外来・脳卒中予防外来・認知症外来・脳神経外科外来・内科外来・糖尿病外来・在宅医療・訪問リハビリテーション・訪問看護・禁煙外来・ED外来

8:30〜12:00 ×
15:00~18:30 × ×
  • 土曜日午前は、8:30~13:00
  • 土曜日午後は、15:00~17:30
     頭痛、脳卒中予防外来・物忘れ(認知症)、パーキンソン病、在宅医療相談の専門外来になります。
  • 日曜・祝日は休診です。
    平成28年4月1日より保険の改定があり、薬価や医療の技術料が変更になりました。
    薬価は毎年変更になることになりました。不明な点はお気軽にお尋ねください。

ご予約

当院は予約制です。午前7時30分より診療時間内にお電話またはWEBにてご予約ください。当日予約も可能です。予約外の場合、診察の混み具合により時間がかかることがあります。お時間に余裕をもって受診してください。
休日・夜間における救急の電話は転送で対応する場合があります。電話番号非通知電話や県外からの電話には対応ができない場合があります。救急患者さまのご相談の場合は通知設定でご連絡ください。折り返しご連絡します。

電話でのご予約

電話番号:086-201-5222

WEBでの申し込み

来院のご予約はこちら